相続放棄に関する相談事例

その1

突然、顔も知らない親戚のおじさんの遺産について、相続の知らせが弁護士から来ました。どうすればいいでしょうか?負債があるかもしれないから、相続放棄したいのですが…

負債がある可能性がある場合は、相続放棄するのが一番安全ですが、相続できる遺産が少なくない場合は、負債を調査して、相続するか否かを決めたほうが良いと思います。

また、相続放棄をするにしても、相続放棄は家庭裁判所で手続をしないと相続放棄になりません。通知を送った弁護士に「相続放棄をします」と伝えるだけで相続放棄できると誤解される方もいますので、その点は十分に注意してください。

相続放棄は、3か月以内に行う必要があるのですが、相続放棄をするか否かの判断に時間が必要な場合は、相続放棄について期間伸長の申立てを家庭裁判所にすることができます。そういった手続きは、ご相談いただければ弁護士が行いますので、まずは弁護士に相談してください。

 

その2

父が借金を残して福岡で亡くなりました。息子の私としては、相続放棄をしたいのですが、今現在、大阪に住んでいます。大阪の家庭裁判所で相続放棄の手続は可能でしょうか?

相続放棄は、亡くなった方の最後の住所の近くの家庭裁判所で行わなければなりません。

したがって、質問の事案では、福岡の家庭裁判所で手続を行う必要があります(福岡といっても、場所によっては支部がありますので、事前にどこの家庭裁判所で行うべきかを調べましょう)。なお、遠方の裁判所で行う場合、郵送での手続も可能です。

ただ、必要書類の取り寄せも含めて、役所や裁判所などと何度もやりとりをしなければならなくなることもあります。

弁護士にお任せいただければ、弁護士には代理権がありますので、依頼者に代わって手続を代行して行い、かつ、被相続人に債務者がいる場合には、債務者に対して直接、相続放棄する旨の連絡をします。

お仕事などで時間がない方は、弁護士にご相談ください。

費用についてはこちらをご参照ください 

相続放棄の弁護士費用

 

その3

二年前に亡くなった父に借金があったとのことで、突然、金融機関から相続人である私に対して請求書が送られてきました。まさか父に借金があるとは思ってなかったので、慌てて相続放棄をするために家庭裁判所に行きました。しかし、家庭裁判所の職員から、「相続放棄は期間制限がある。既にお父様が亡くなってから2年も経過しているから、詳しい事情を聞く必要がある。場合によっては弁護士に頼んではどうか」と言われました。弁護士に頼んだら相続放棄できますか?

相続放棄をする場合、相続人は自分のために相続が開始したことを知った3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述を行う必要があります。
この3ヶ月の期間のことを、「熟慮期間」といいます。

相続放棄についての詳しい内容は、こちらをご覧下さい。

相続放棄について

普通に考えればお父様が亡くなったときから3ヶ月以内を熟慮期間としますので、亡くなってから2年経っている本件の場合、相続放棄できないということになりそうです。

しかし、熟慮期間については、最高裁判決で一定の判断が出ており、場合によっては熟慮期間の起算点をずらすことができます。例えば、本件の場合、金融機関から相続人に対して通知が届いた日を熟慮期間の起算点とするのです。

実際に、こういったケースのご依頼を受けることがあります。
ご依頼をいただければ、最高裁判決を前提に弁護士が申述書を作成いたします。
もちろん、無事に相続放棄の申述が認められた解決事例もございます。

もちろん、状況によっては相続放棄が厳しい場合もございますが、一度、当事務所の弁護士にご相談ください。

 

 

まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る