当事務所の活動について

当事務所の弁護士は通常の弁護士業務に加え、社会活動や地域活動、勉強会、講演会等に積極的に参画しております。

以下、簡単にですがご紹介いたします。

共同研究会

共同研究の内容について

共同研究会では、企業法務や会計、税務、労務などを研究対象として各専門知識から研究報告を行っています。

近頃は、会社法を主要な研究対象として行いつつ、それに各専門職のトピックをおりまぜながら研究会を行っています。年に1回程度外部講師に講演をお願いすることもあります。次年度もこれまでと同様に、企業法務・会計・税務・労務をテーマとして、研究会を続けていく予定です。

研究活動の報告及び特色

研究会は毎月1回、報告者がレジュメを配布の上、発表し質疑応答がなされています。平成20年度に行ったテーマと報告者は以下の通りです。

◆平成20年◆

■7月23日  労働審判について
講師:弁護士 森部節夫

■8月27日 特例有限会社から株式会社への商号変更登記の留意点
講師:司法書士 丸田 幸一

■9月26日 監査提言集より監査の実態~監査法人のTVを見ましたか~
講師:公認会計士 荒木 正文

■10月22日 企業防衛の観点から見た労使紛争と労働契約法
講師:社会保険労務士 島村 進

■11月26日 手形・指名債権に代わる新しい債権~電子記録債権法の概要~
講師:弁護士 津崎 徹一

■12月1日 忘年会

まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る