生前贈与の活用

相続税対策はお早めに!生前贈与の活用

page-image_0007
生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を相続人に分け与える行為です。

生前贈与のメリットの1つは、生前贈与を行なった後に、その後の状況を確認できる点です。又、生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑える目的のため利用されることも多くあります。

しかしながら、一般的に贈与税の税率は相続税より高いので、生前贈与に関しては様々な特例を上手に活用しなければ、結果的に税負担がふえることにもなりかねません。

生前贈与の活用例

例として、生前贈与の活用方法についてご説明させていただきます。

相続税対策として生前贈与を活用する際に、贈与税について考える必要があります。贈与税は1年間に基礎控除額が110万円です。 つまり年間で110万円以下の贈与については課税はされず、申告も不要です。

生前贈与を活用した節税対策には、贈与税の110万円の基礎控除を最大限利用することのほかに、配偶者控除を利用する方法があります。 条件は、「婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与であること」と「居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与であること」であり、2000万円までならば課税価格から控除が可能です。

こうした贈与税の基礎控除や特例を利用しつつ、生前贈与を活用する必要があります。節税目的で生前贈与を活用しようとするのであれば、生前贈与を行なったケースと行なわなかったケースとで、税額にどのような差異が生じるのかシュミレーションを行なう必要があります。その際、相続税の「基礎控除」の改正や税率の変更などの動向にも注意を払っておく必要があります。

生前贈与の必要性や活用方法のご相談に関しましては当事務所の「相続相談(初回無料)」をご活用ください。

生前贈与を活用した節税対策はもちろん、相続に関するお悩み全般に対応する相続相談に加え、各種相続対策診断を無料で行っております。お悩みがございましたらまずは弁護士に相談をしていただければと思います。

◆相続の初回無料相談について詳しく知りたい方はこちら
>>相続相談の流れ

まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る