弁護士に相談するメリット

page-image_0005

 

「相続について相談したいんだけど、誰に相談すればいいのかわからない・・・」

「相続に関する疑問や悩みって弁護士に相談していいのか・・・」

 

 

相続問題を扱う士業は多く、弁護士をはじめ、他にも司法書士、行政書士、不動産鑑定士、税理士などが挙げられます。

税理士であれば相続税に関する問題、司法書士は不動産登記に関わる問題、では弁護士は裁判や調停を行なう時だけなのだろうか?など、各専門士業に対し、漠然としてイメージを持っておられるかもしれません。

ご相談者の方の立場からすると、一体誰に相談すればよいのかわからなくなることが多いかと思われます。

相続や遺産問題は弁護士に相談するのがベスト?

しかしながら、結論から言うと、相続や遺産分割に関する問題やお悩みは弁護士に相談・依頼することがベストであると言えます。弁護士は、あらゆる紛争解決についての専門家です。

弁護士は、その業務で多くの紛争を取り扱っているので、その経験から紛争解決のためのノウハウがあります。又、通常の業務を通じて、裁判官や調停委員がどのようなことを考え、どう進めていくかを予測することができます。自身の経験を通じて、証拠書類の持つ意味やそれが有利に働くか不利に働くかを適確に分析判断することができます。

このように、紛争解決分野は、弁護士の活躍する主戦場といえます。相続分野の遺産問題では、交渉を伴うケースが非常に多く、そうした場面では、弁護士がその能力を最大限に発揮するのです。

弁護士法では

「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、~中略~ その他一般の法律業務に関して代理や仲裁、若しくは和解その他の法律事務を取り扱いを業とすることができない。」(弁護士法72条)

と定めており、相続紛争や遺産分割問題に関する交渉や調停・裁判は、弁護士でなければ、取り扱ってはならないと定められているのです。

弁護士は、調整型解決も得意です。相続紛争を特定の相続人の代理人としての立場で関与するのが前記のタイプでしたが、それだけではありません。

相続を円満にまとめるように調整型の関与をすることもあります。こうした場面では、紛争にならないように遺産分割の案を出して円満にまとめる役割りであり、相続において弁護士はこのような業務を行なっているのです。

弁護士は、紛争性のない相続手続も得意!

相続案件では、相続人の調査や相続財産の調査、相続関係図の作成などがありますが、こうしたことは、弁護士は日常業務の中で行なっていることで、手際よく行なっています。こうしたことも弁護士により対応可能です。

税金のこと、登記のこと、測量や境界問題、こうしたことについては、税理士、司法書士、土地家屋調査士などの専門士業がいます。相続においては、各士業の領域にまたがった手続が必要なので、それぞれの分野でいかに熟練した専門士業を関与させることができるかの観点も重要です。

当事務所は、各専門士業とのネットワークも緊密であり、手続に必要なその道に熟練した専門士業の関与を得る事ができます。また、当事務所の所長自身、CFP認定者、1級FP技能士の有資格者でもあることから、その点からも多角的なアプローチが可能です。

多くのことを説明させていただきましたが、一番はご相談者様の抱えるお悩みや問題の解決です。

当事務所はご相談者様にとって最適な相続対策のサポートをさせていただくために「相続相談(初回無料)」を実施しております。何かお悩みがございましたらお気軽にご連絡いただければと思います。

◆相続の初回無料相談について詳しく知りたい方はこちら
>>相続相談の流れ

◆もっと弁護士と他士業の違いについて知りたい方はこちら
>>弁護士と司法書士の違い

まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る