生前贈与と相続放棄

自分は、父から生前に財産をもらっていた。今回、父が亡くなって相続の話になっているが、負債が多いので相続放棄をしたいと思っている。生前に贈与を受けている場合でも、相続放棄できるのか??

生前に贈与を受けていたとしても、相続放棄は可能です。

ただし、相続税との関係は注意が必要です。
法務と税務では相続についての考え方が微妙にずれていることがありますので、それぞれの専門分野の視点で相続を考えなければなりません。

なお、生前に父が多額の負債を抱えており、生前贈与によって父の債権者を害する(返済が叶わなくなる)ことを認識していたのに贈与を受けた場合は、「詐害行為取消権」といって、生前の贈与契約が取消されてしまう場合がありますので、どんな生前贈与も問題なし!ということにはなりません。
その点は注意してください。


まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る