相続放棄の流れ

相続放棄の流れを説明すると、大まかに以下のような流れになります。

page-image_0021

必要書類の収集

前提として、相続放棄の申述が出来るのは、相続人です。

そして、相続放棄は、家庭裁判所に対してしなければなりません。

相続人間で書面や口頭で「相続放棄するから」と取り決めをしても、法律上の「相続放棄」にはなりませんので注意してください。

必要書類としては、申述人の戸籍謄本、被相続人の戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本が必要になります。
但し、第2・第3順位の相続人が放棄する場合は、被相続人の出生から死亡まで連続した分が必要になります。

管轄の家庭裁判所に申述受理申立

家庭裁判所といっても、全国にいくつもあります(支部も含め)。

家庭裁判所であればどこでも良いのかというと、そうではありません。

相続開始地の家庭裁判所が管轄になります。

相続放棄の審理

きちんと書類を揃えて、不備なく申述できていれば、相続放棄は認められます。
しかし、相続放棄の申述期間(3ヶ月)を過ぎていたり、相続放棄をするまでに処分した財産や相続した財産があったりすると、放棄が認められない場合があります。

相続放棄の申述を受理 or 申述の却下

相続放棄の申述が受理されれば、ひとまず安心です。
しかし、仮に被相続人(亡くなった方)の債権者が、放棄したはずの負債につき「お金を払え!」という訴訟を提起してきた場合は、裁判で相続放棄の申述を受理してもらったことを主張・立証する必要があります。

相続放棄の申述が却下された場合は、即時抗告の申立が出来ます。
2週間以内に、その手続を取ってください。


まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る