遺言書

遺言書の作成

このような方はご相談ください。

自分が亡くなった後が心配な方

「独身のため、亡くなった後に迷惑をかけないか心配」

「子供たちの仲が悪いため、このままだとトラブルになりそう」

「自分自身の意思通りに財産を譲りたい」

「血縁関係の無い、嫁・婿に財産を譲りたい」

「先妻・先夫との間に子供がいる」

「事業継承も絡むので、慎重に相続したい」

親が亡くなった後が心配な方

「兄弟間で仲が悪いので、争うことになりそう」

「相続が思った通りに進むのだろうか」

「自分自身は血縁関係が無いけど、面倒をずっと見ている場合はどうなるの?」

 

相続は相続する側、される側にも大きな心配がつきまといます。

「うちの家族は仲が良いから問題ないわ、相続でもめるなんて信じられない」

「たいした財産もないのに遺言なんて必要ない」

page-image_0005「うちに限って・・・」とお思いになられている方が相談者の大半です。相続財産を計算してみると思っている以上にあったりする場合があります。その場合には大きな金額が動きますので、兄弟の態度が豹変したり、知らない人が名乗り出てきたりもします。

また、相続の問題がきっかけで、一生兄弟関係が疎遠になってしまったという方も多くいらっしゃいます。相続は複雑な感情の問題が多く絡みますので、法律だからといって簡単には解決できない場合が多々あります。関係は一度壊れてしまうと修復は困難です。壊れる前に対処する必要があります。

相続を円滑に進めるには「遺言書を作成する」ということが効果的であり、唯一の方法だといっても過言ではありません。遺言書は自身で作成することも可能ですが、法律が定めている方式に沿っていないため無効になることもありますし、保管にも困難が伴います。そのため、まずは一度、法律の専門家である弁護士にご相談の上、公正証書遺言を作成されることをお勧めいたします。


まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る