遺留分

遺留分に関する様々な疑問についての情報を下記にまとめました。どうぞご参考ください。

遺留分とは

被相続人の財産のうち、一定の相続人に必ず承継されるべき一定の割合を遺留分といいます。被相続人は、遺言ないし生前贈与により自由に財産を処分することができるのが原則ですが、それも無制限ではなく、遺留分による制限を受けることになります。

⇒詳しくはこちら

減殺請求するには

遺留分を侵害している遺言もこれ自体をもって直ちに無効になるわけではありませんので、遺留分を侵害されていることに気付いた場合には、遺留分減殺請求を行い侵害された遺留分を取り戻す必要があります。

⇒詳しくはこちら

減殺請求されたら

遺贈を受けた者(受遺者)は、相続人に法律上与えられた最低保証分である遺留分の減殺請求を受けた場合には、原則として応じなければなりません。遺留分は相続人に認められた正当な権利となりますので、原則として請求を拒むことはできません。

⇒詳しくはこちら

減殺請求されないために

遺言で遺贈する旨を明記すれば、相続人でない者に対しても財産を残すことができます。も遺贈については、相続人の遺留分を侵害すれば相続人(遺留分権利者)から遺留分減殺請求をされ、受遺者はその部分の財産を返還しなければなりません。

⇒詳しくはこちら


まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る