弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士・行政書士の違い

相続問題を扱う士業は多く、弁護士・司法書士・行政書士・不動産鑑定士等が挙げられます。

税理士は相続税、不動産鑑定士は不動産関係と役割は分かり易いですが、弁護士と司法書士、行政書士はどう違うのか?というご質問をよく頂きます。

項目別に対応できる士業をあげると下記のようになります。

◆相続手続き
弁護士/司法書士/行政書士/税理士

◆相続調査
弁護士/司法書士/行政書士/税理士

◆遺産分割協議書作成
弁護士/司法書士/行政書士/税理士

◆代理人として交渉
弁護士

◆遺産分割の調停
弁護士

◆遺産分割の審判
弁護士

◆相続登記
司法書士

◆相続税申告
税理士

 page-image_0001
 page-image_0018

 

相続手続き、相続調査、遺産分割協議書の作成といった事柄は他士業でもできますが、代理人として他の相続人と交渉したり、調停や審判業務は弁護士にしか認められていません。(他士業が上記業務を行った場合は法律で処罰されます。)

弁護士と他の士業との明確な違いは上記にあげたように代理人として相続を進めることができる点です。

代理人となることができない、他の士業の方は、遺産分割の調停や審判の経験がありませんので、これらを想定して遺産分割を進めることは、難しいといわざるを得ません。

そのため、遺産分割協議を進める上では「最終的に家庭裁判所に調停や審判を申し立てた時に、どのような結果になるのか」を想定して進めることができず、適正な相続ができない場合がありますので、注意が必要です。

少しでも揉める要素がある場合は弁護士に依頼する方が良いといえます。


まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る