相続の基礎知識

相続に関する様々な問題・疑問についての情報を下記にまとめました。
どうぞご参考ください。

相続とは

相続とは、被相続人(亡くなった人)の財産上の地位を相続人が引き継ぐことをいいます。
現在の法律では、遺言がない限りは配偶者・血族が相続人となり、被相続人の遺産を引き継ぐことになります。

⇒詳しくはこちら

相続の流れ

相続の開始は、被相続人の死亡(または失踪宣言)によって開始されます。相続開始後は、家族が亡くなった悲しみが癒える間もなく、葬儀の準備・法要・死亡届の提出・お香典返し・納骨等、様々な多くの手続をしなければなりません。

⇒詳しくはこちら

相続手続き

相続手続きには、期限のある手続きと、期限のない手続きがあります。特に期限の決まっている相続手続きは、期限を過ぎてしまった結果、大きな損害を被ってしまう場合があります。そのような事態は避けなければなりません。

⇒詳しくはこちら

法定相続人とは

相続人の範囲については民法で規定されています。法の規定によって遺産を受継ぐ資格のある人のことを「法定相続人」と呼びます。また、相続人になる予定の方を「推定相続人」と呼びます。

⇒詳しくはこちら

法定相続分の事例

ここでは、相続人が誰かによって法定相続分がどのように変化するかについて、具体的な事例に基づいて御説明致します。

⇒詳しくはこちら

相続できる財産とは

相続財産には資産(プラスとなる財産)だけではなく負債(マイナスとなる財産)も含まれます。被相続人の財産を的確に把握することも決して容易ではありませんが、財産を適正に評価することは更に難しいと言えます。

⇒詳しくはこちら

相続人調査と財産調査

相続に際しては「どの財産を相続し、その財産がいくらになるのかという財産調査」と「誰が相続をするかということを確定する、相続人調査」を実施する必要があります。

⇒詳しくはこちら

弁護士と司法書士の違いについて

相続問題を扱う士業は多く、弁護士・司法書士・行政書士・不動産鑑定士等が挙げられます。税理士は相続税、不動産鑑定士は不動産関係と役割は分かり易いですが、では弁護士と司法書士、行政書士はどう違うのか?ということをご説明致します。

⇒詳しくはこちら


まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る