弁護士紹介

弁護士 森部 節夫 (福岡県弁護士会所属31期 登録番号16646)

page-image_0006

◆経歴◆
昭和26年11月  福岡県朝倉郡(現在は朝倉市)にて出生
昭和33年4月   大福小学校入学
昭和34年10月  朝倉郡より、福岡市内に転居、三宅小学校に転入
昭和42年3月   西南学院中学校卒業
昭和45年3月   修猷館高等学校卒業
昭和46年4月   九州大学法学部入学
昭和51年11月  司法試験合格
昭和52年3月   九州大学法学部卒
昭和54年4月   松本法律事務所入所
昭和58年4月   森部法律事務所開設
平成21年4月   森部・松尾法律事務所と改称
平成26年4月   森部総合法律事務所と改称

 

 

役職

平成24年~25年 福岡県弁護士会 労働法制委員会 委員長
平成23年     福岡県弁護士会 司法制度委員会 労働法制部会 部会長
平成9年~11年  業務委員会 副委員長
平成3~4年    税務委員会 副委員長

 

資格

1級FP技能士  :登録番号 10210003012 (平成15年1月27日)
CFP      :登録番号 90016017

<参考  CFP資格とは>
北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域(平成25年11月現在)で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する上級資格です。 2年毎の資格更新に所定の継続教育が義務付けられています。 国際CFP®組織FPSBとのライセンス契約の下に日本FP協会が認定しており、約18,841人(平成25年2月現在)が日本全国で活躍しています。

 

主な取扱業務

相続・事業承継
不動産(売買・賃貸借)
債権回収
企業や各種団体との顧問契約
コンプライアンス
労働法
債権回収
フランチャイズ契約の問題
他、多数

 

趣味

エアロビクス、旅行、落語鑑賞

 

弁護士 森部からのメッセージ

page-image_0007相続は、故人にとっては、人生の最後の締めくくりとなるファイナルステージに当たります。

故人の財産の承継という形であらわれますが、同時に故人の様々な想いを相続人を初めとして故人に関わった人たちが受け継ぐ場でもあります。

又、同時に親子・夫婦・兄弟姉妹など様々な親族の想いが交錯する場といえます。弁護士として長年、相続問題に関わらせてもらい、相続の場で展開させる様々な人間ドラマに関与していると、弁護士やファイナンシャルプランナーとしての知識・経験・ノウハウ、更には人間に対する洞察力等の全てが、相続問題を解決するのに役立っていることを感じます。

 

今後も相続問題に関与するに当たり、次のような願いを持ちつつ業務に携わりたいと思っています。

① 事前に対策としては、相続人の方々が争わなくて済み、遺言者の気持ちが十分に反映する遺言書を作る。   

② 相続開始後は、できる限りスピーディに、満足度が高い遺産分割協議の成立を目指す。

③ そうして、故人の想いを受けとめながら、相続人の方々がそれぞれ将来に生かせるような 相続の手伝いをする。

このような思いで、事務所の総力をあげて、相続問題のお手伝いをして参りたいと思います。

 

講演実績

当事務所では、数多くの講演を行っております。 以下最近の講演実績です。

◇ 2012.6.16 「遺留分の考え方と減殺請求後の攻防について」 相続・事業継承SG福岡
当事務所弁護士、森部節夫による遺留分に関する講演をさせていただきました。
詳しい講演内容はこちら

page-image_0011 page-image_0012

 

弁護士 中川 雅之(福岡県弁護士会所属65期 登録番号46735)

page-image_0008 ◆経歴◆
福岡市にて出生   
福岡県立城南高等学校 卒業   
香川大学法学部法学科 卒業   
九州大学法科大学院 卒業   
平成23年度司法試験合格   
平成24年 森部・松尾法律事務所入所

 

弁護士 中川からのメッセージ

依頼者の想いを受けとめて,法律家として伝える。
それがプロとしての法律家の職務であると思っています。

page-image_0009

弁護士に相談される方の多くは,深い悲しみや押さえられない怒りといった様々な想いを抱えています。 法律相談としては、そういった依頼者の気持ちに触れずに、淡々と請求可能な法的権利などを摘示するだけでもいいのかもしれません。

しかし、私が考える弁護士の仕事は,単に依頼者の要求を相手方に伝えるといった単純なものではなく,そういった方々の「想い」を法律という言葉に乗せて,法律的にも社会的にも解決していくものだと思っています。

たとえ他人からみれば小さな悩みであっても,依頼者にとっては非常に深い「想い」を抱いていることを常に自覚し,依頼者の方の悩みを解決できる手助けをさせていただきたいと思っております。
そして,法的な手続き,相手方との交渉・訴訟の場において,依頼者の「想い」を法律家として適切に伝えていきます。

 

資格

AFP 登録

<参考  AFP資格とは>
資格更新要件である継続教育により常に知識とスキルを高めている FPに付与される普通資格です。
CFP資格同様、2年毎の資格更新に所定の継続教育が義務付けられており、日本全国で約154,346人(平成25年2月現在)が活躍しています。

 

講演実績 (中川)

弁護士・税理士 相続無料セミナー「笑顔で相続するために」 ももちパレス(2013年10月22日)

弁護士・税理士 相続無料セミナー「笑顔で相続するために」 ももちパレス(2013年10月25日)

弁護士・税理士セミナー「笑顔で相続するために」 シニアマンション(2013年11月25日)

 

弁護士 永長 寿美子(福岡県弁護士会所属67期 登録番号50570)

page-image_0010◆経歴◆
立命館大学経営学部 卒業
司法書士試験 合格
債権回収会社や信託会社にて勤務
早稲田大学大学院法務研究科 卒業
平成25年度司法試験合格
平成26年 森部総合法律事務所入所

 

資格

司法書士
AFP 登録 など

<参考  AFP資格とは>
資格更新要件である継続教育により常に知識とスキルを高めている FPに付与される普通資格です。
CFP資格同様、2年毎の資格更新に所定の継続教育が義務付けられており、日本全国で約154,346人(平成25年2月現在)が活躍しています。

まずはお気軽にお電話ください 24時間受付ご相談予約フォーム

相続の基礎知識

ページ上部へ戻る